メンズ

社員研修に求められるものとは│寺下史郎氏の実績やその会社も紹介

新人教育をする前に

5人の男女

年度が変わると新入社員が入社してきます。新しく入社した方々に対して、新入社員研修が行われると思いますが、そこではあまり詰め込み過ぎないことが大切です。研修で教えることは多々あるとされています。つい最近まで学生だった方は、社会人としてのルールに疎い可能性があるので、新入社員研修のときに多くを教えたくなるかもしれません。しかし、あまりにも多くを詰め込み過ぎると、覚えることが多くなって理解が追いつかない可能性があります。新人教育では必要最低限のルールやマナー、仕事の基礎などを教えるといいでしょう。また、会社の理念などを改めて伝える機会としても、新入社員研修は最適です。理念を理解することは、新人のモチベーションの維持に繋がる可能性もあるので、新人教育の機会に改めて伝えるといいでしょう。企業によっては、簡単な仕事から新人にさせるというところもあると思います。仕事はよほど複雑でもない限り、量をこなしていけば覚えるものだとされています。なので、このような形の新入社員研修を実施することも大切です。しかし、新人がやった仕事はベテランに比べると、どうしてもクオリティが劣ってしまう可能性があります。そのため、お客さんによっては新人が行なった仕事に満足せず、企業の評価を落としてしまう可能性があるのです。新人が行なった仕事をベテランが間違いがないか確認することもできますが、これだと二度手間になってしまいます。それよりは新入社員研修をきちんと行なって、基礎から仕事のクオリティを上げた方がいいと考えられています。

Copyright© 2016 社員研修に求められるものとは│寺下史郎氏の実績やその会社も紹介 All Rights Reserved.